有酸素運動と無酸素運動の違いとやる時の順番はどっちが先?

最近運動不足で太り気味・・・

体を鍛えて男らしい体型になりたい!

そんなときにどんな運動が良いんだろうと調べると出てくるのが

「有酸素運動」と「無酸素運動」です。

結構さらりと書かれていますが、実は違いがよく分からないという人も多いのではないでしょうか?

どんな違いがあるんでしょうか。

またどうやって使い分けると良いんでしょうか。

正しい運動の仕方をマスターしましょう。

参考記事:

 

有酸素運動は
燃やすための運動

まず有酸素運動についてみてみましょう。

有酸素運動は酸素を取り込みながらする運動です。

酸素を取り込んで糖質・脂肪を燃やすことでエネルギーを作ります。

軽度~中度の負荷を継続的にかけるので長時間続けて行うことができます。

簡単に言うと、脂肪を燃やすための運動です。

具体的には

  • 水泳
  • ジョギング
  • ウォーキング
  • サイクリング

などが有酸素運動に含まれます。

運動を開始して20分まで

血中の脂肪が燃やされるので血液をサラサラにする効果があります。

 

20分以降から

内臓・皮下脂肪が燃やされるので本格的な脂肪燃焼が始まります。

 

このように内臓脂肪燃焼や高血圧などに効果があります。

体脂肪率を減らしたい、ダイエットを主な目的としたいときにはこの有酸素運動がおすすめです。

参考記事:

筋トレ・ダイエットで有酸素運動の効果的な時間の目安と頻度

最短で腹筋を割るために必要な期間と目標の体脂肪率

無酸素運動は
増やすための運動

一方無酸素運動は、短い時間に発揮する強度の強い運動を指します。

エネルギーを酸素を使わずに作り出すので、継続性はありませんが突発的に大きなエネルギーを発揮できます。

その場合脂肪ではなく糖質を主なエネルギー源にしています。

瞬発力が必要な短距離走や筋トレは無酸素運動です。

参考記事:

 

すぐに息が上がるような運動は無酸素運動と覚えておくといいでしょう。

この突発的なエネルギーで筋肉を損傷・修復させて鍛え上げていきます。

筋力を上げたい、体を鍛えたいときには無酸素運動をしましょう。

こうして筋肉量がUPすると基礎代謝が良くなります。

ちなみに基礎代謝が良くなると、何をしていなくてもエネルギーを消費して脂肪が燃えやすい体質にしてくれます。

無酸素運動は筋力をつけるための運動ですが、ウェイトを絞る効果もありますよ。

参考記事:

 

有酸素運動と
無酸素運動をする
順番は?

このように有酸素運動と無酸素運動には違いがあります。

それぞれの目的でどちらも欠かせない運動ですね。

ではどのように組み合わせるのが良いのでしょうか。

基本的には種類の違う運動なので

連続して行うのは避けた方が良いと言われています。

続けて運動をすることであとからする運動のパフォーマンスが落ちてしまうことが理由に挙げられます。

先に行った運動の方が運動の効果が表れやすくなります。

例えば脂肪燃焼を主な目的としたい場合は有酸素運動を先に行うことができます。

でもどうせ両方するならどちらの運動も効果的にしたいですよね。

両方とも最大限に引き出す順番は

「無酸素運動をしてから有酸素運動」

です。

その理由はそれぞれの運動が使うエネルギー源にあります。

有酸素運動は最初糖質をエネルギーとして、時間がたつと脂肪をエネルギーにします。

つまり有酸素運動で糖質が消費されているのです。

そのあとに無酸素運動を行っても、エネルギー源である糖質が少ないので効果が半減してしまいます。

しかし無酸素運動を先に行った場合は、糖質だけが消費された状態で有酸素運動に入ります。

糖質が少なくても、すぐに脂肪の燃焼に切り替わるので本来の目的の「脂肪燃焼」がしやすくなります。

 

また無酸素運動を行っていると筋肉や成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンは筋肉の成長を助け体脂肪の燃焼を促進させると言われています。

そんな脂肪が燃焼しやすい状態で有酸素運動に入ると効果が増すことがわかりますね。

このような理由から無酸素運動→有酸素運動の順番の方が基本的におすすめされます。

 

筋トレをしてからジョギングに出る

 

という流れですね。

これは筋肉増量が目的の人にとっても効果的な順番です。

有酸素運動と無酸素運動は両方大事な運動です。

バランスよく両方行うことで筋肉を鍛えてきれいなシェルエットを手に入れましょう。

参考記事:

 

あわせて読みたい
こちらの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA