男女別背筋の鍛え方自宅やジムで背筋を鍛える筋トレ方法5選

男性も女性もきれいなスタイルを手に入れるために大切なのは

「背筋」です。

背筋を鍛えるとこで上半身のシェルエットがすっきりします。

服を着ていてもその違いはわかります。

特に筋トレをしている男性は腹筋や腕だけでなく背筋へアプローチするトレーニングも欠かさないようにしましょう。

そんな背筋を鍛える方法をまとめてみました。

 

自重トレーニングで
鍛える

自重トレーニングとは道具を使わないで行う筋トレのことです。

腕立て伏せスクワットなどですね。

自分の体重や動きで筋肉に負荷をかけます。

自重トレーニングで背筋を鍛える長所でもあり短所でもある特徴は

「負荷が少ない」

ということです。

当然ですが重りを持ってトレーニングをする方が効果が上がります。

しかしその分、体を痛めにくいというものがあります。

道具をもって負荷をかけると、体が耐えられる以上の負荷をかけてしまう可能性があります。

まだあまり背筋がない人やトレーニングに慣れていない人は、ベストの負荷がまだつかめませんよね。

自重トレーニングだとその心配がありません。

自重トレーニングで背筋を鍛えるときの特徴とやり方についてはこちらの記事を参考にしてくださいね。

参考記事:

 

ダンベルを使って
鍛える

ダンベルを使った背筋を鍛えるトレーニングはたくさんあります。

背筋を動かすには腕の動きが必要です。

そこに負荷をかけるには重りを持つのが一番ですね。

自重トレーニングよりもしっかり負荷をかけたいならダンベルトレーニングにしましょう。

動きによっては普段のダンベルよりも軽めのものを使った方がいいこともあります。

それは負荷の大きさよりも動きが重要な時です。

ダンベルを用意するなら重さの調整ができるものや軽めのものを用意すると良いでしょう。

ダンベルでの背筋の鍛え方はこちらの記事をどうそ。

参考記事:

バーベルや
ジムの道具を使って
鍛える

きちんと筋肉をつけるならジムですね。

ジムのマシンやバーベルを使って背筋を鍛える利点いえば正しい部分にしっかりと負荷を与えてトレーニングができることです。

バーベルを使った本格的な負荷や背筋専用のマシンを使った動き。

自己流よりも間違いがありませんね。

初心者でもきちんと筋トレをすることができます。

筋トレに慣れている人、初心者関係なく本格的にきっちり鍛えたい人はジムの道具を活用しましょう。

どんな道具でどんな動きが良いのかはこちらの記事でまとめてあります。

参考記事:

 

女性向け!
ダイエットを目指して
鍛える

背筋を鍛えるのは、何も筋肉を愛する男性たちだけではないんです。

女性であっても背筋を鍛えましょう。

筋肉に興味がない~という人でもです。

それは背筋を鍛えるとダイエットにも効果的なんです。

背中の肉が落ちるのはもちろんのこと、全体に良い効果があります。

特に下っ腹のたるみが気になる人はぜひとも背筋を鍛えてみましょう。

背筋を鍛え時の女性のための効果はこちらで扱われています。

参考記事:

 

腰痛対策&
腰への負担が少ない
背筋の鍛え方

背筋は見た目・美容だけではありません。

腰痛対策にも良いんです。

背筋の衰えは腰痛と大きく関係があります。

つまり背筋を鍛えると腰痛を改善することができるということです。

ただし背筋の動きは正しくしないと腰に負担がかかってしまいます。

腰に不安を抱えている人が背筋を鍛えるときは、なるべく腰に負担がかからない動きのものにしましょう。

どんな鍛え方があるは、こちらの記事を参考にしてみてください。

参考記事:

 

以上が背筋を鍛えるための5つのポイントです。

筋トレはその人次第で合うものと合わないものがあります。

回数を重ねていったら次のステップに進んでいくこともあります。

トレーニングで体を壊さないためにも自分に合ったトレーニングを続けましょう。

参考記事:

 

あわせて読みたい
こちらの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA