西郷どん(せごどん)のロケ地鹿児島姶良市加治木の龍門司坂

当サイトでは2018年の年明けに放映されるドラマのロケ地の詳細の場所についてまとめています。

このページでは鈴木亮平さん主演の大河ドラマ

「西郷どん(せごどん)」

のロケ地・撮影場所について詳細をまとめています。

参考記事:

 

西郷どん(せごどん)の
ロケ地の1つ
「龍門司坂(たつもんじざか)」

・所在地

〒899-5241

鹿児島県姶良市 加治木町木田5088-1

 

龍門司坂は江戸時代初期に造られた街道ですが、

西郷隆盛と関わりの深い西南戦争でも使われた場所でもあります。

寛永12年(1635)加治木島津家により、約100年をかけ造られた街道(薩摩では筋と呼んでいた)

現在は、全長1,500mの内、現在500m弱が当時の状態を保っている。

ちなみに石畳敷きの平均幅は約4m、最大幅は7m。

江戸への移動や物資輸送などに使われたこの道の石畳は、段差の少ない石敷きが特徴。

なお、斜面に敷かれた石畳がずれないように、縦に深く埋める石列を地形に沿って設けていたり、傾斜の強い場所は側溝を設けると共に、雨水が一か所に集中しないような工夫も施されている。

西南戦争の際は、総数6千名とも言われる薩軍兵士がこの坂道を登って熊本方面を目指した。

出典 https://kagoshimayokamon.com/2016/06/12/tatsumonji/

参考記事:

様々なドラマで
ロケとして使われている
龍門司坂

西郷どんでは、2017年の8月30日にロケが行われた様です。

他の鹿児島内のロケと違って一般の方の目撃ツイートはありませんでした。

 

こちらの画像の通り

様々な大河ドラマのロケとして使われています。

参考記事:

あわせて読みたい
こちらの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA