体幹・インナーマッスルトレーニングのダイエット筋トレ効果

最近下っ腹が出てきた・・・

全体的に体を引き締めたい!

そんな人がするべきなのが体幹、つまりインナーマッスルを鍛えることです。

ダイエットをするのに体を鍛えるの?と思うかもしれませんが、実はこれが効果抜群なんです。

インナーマッスルとは何か、どんな効果があるのか見てみましょう。

参考記事:

 

体幹とは?
どこの部分なの?

最近は

「体幹」

「インナーマッスル」

「コア」

なんて言葉をよく見聞きしますよね。

体幹がどこか分からなくても、体幹を鍛えるといいらしい!というのは知っている人がほとんどです。

では実際「体幹」とはどこの部分を指すのでしょうか。

体幹とはこの名の通り体の幹、つまり

体を支える中心部分である胴体部分を指します。

胸、背中、お腹、腰

この一連の部分ですね。

大まかなイメージはこれでOKです。

もっと具体的に言うと、「腹腔」という内臓が詰まった周りの部分を指します。

「横隔膜」、背中部分の「多裂筋」「腹横筋」「骨盤底筋群」、この4つの部分からなっています。

体幹を鍛えるというとこの4つの部分を鍛えることになるのです。

 

インナーマッスルと言われているように内臓の周り、体の内側にある筋肉です。

鍛えたからと言って目に見えて膨らむわけではないので、しっかりしているかどうかが見分けにくい部分でもあります。

だからこそ意識して鍛える必要があるんですね。

参考記事:

 

体幹トレーニングと
ダイエットが
関係あるのはなぜ?

体を鍛えることでダイエットになるのはなぜなのでしょうか。

それは体幹部に

「赤筋」というエネルギー燃焼の高い部分が多くあるからなんです。

この赤筋が刺激されると基礎代謝がUPします。

つまり

体幹トレーニングをすることで基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすく痩せやすい体質になれるのです。

また体幹を鍛えると体が安定し大きな動作ができるようになります。

そうするとその筋肉の動きで熱が生まれさらに脂肪が燃焼されやすくなります。

そう、体幹はまさにダイエットをするときに鍛えるべき部分なんです!

参考記事:

体幹を鍛えると
体が引き締まる

もちろん体幹も筋肉なので脂肪を燃やすだけでなく体を引き締める効果もあります。

胸・背中・お腹・腰への効果が期待できます。

何より腹筋を鍛えたいときにはかなり効果的です。

というのも体幹の一つである腹横筋は腹部の大部分を覆う筋肉です。

ここが鍛えられるということは腹筋の大部分を鍛えることができます。

また体幹を鍛えることで腰回りの筋肉が鍛えられ内臓の位置が正しい位置に戻ります。

そうするとぽっこりお腹が改善されるので、より腹筋をきれいに見せることができます。

参考記事:

 

体幹を鍛えることには
メリットがいっぱい!

他にも体幹を鍛えるメリットはあるんです。

・便秘が改善される

腰の筋肉を鍛えることで内臓が正しい位置に戻るとありましたね。

それによって胃・腸の動きも良くなって便秘や消化不良が改善される効果があります。

・姿勢が良くなる

体の芯となる部分が鍛えれると自然と正しい姿勢を保つことができます。

正しい姿勢をしていると疲れるという人は体幹が鍛えられていない証拠です。

体幹が鍛えられていると、その姿勢でいるのが楽になってくるんです。

・服がかっこよく着こなせる

姿勢が良くなって体のゆがみが治ると、色んな服がきれいに着こなせます。

トップスの肩の部分がずれる、変なところにシワができるというのがなくなります。

・持久力が上がる

体幹が鍛えられていると運動時上半身の余計なブレがなくなります。

上半身がぶれると通常より体力を使い、首・膝・肩の関節へ負担がかかります。

この負担がなくなることで持久力が上がるのです。

・転びにくくなる

体幹が良いとバランスをとるのが上手になります。

何もないところでよく転ぶ、という人は体幹を鍛えてみましょう。

また電車の中で、よろめきにくくもなりますよ。

よく取り上げられるだけあって体幹を鍛える効果は良いことがいっぱいですね。

目立たない部分だけどとっても重要な部分なんです。

ぜひ体幹を鍛えてみましょう。

あわせて読みたい
こちらの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA