最短で腹筋を割るために必要な期間と目標の体脂肪率

憧れのきれいに割れた腹筋を手に入れるために筋トレに励んでいる皆さん。

いったいいつ頃効果が出るのか気になっているのではないでしょうか?

腹筋が割れ始める目安が分かれば頑張る励みにもなりますよね。

腹筋を割るとは一種の肉体改造です。

もちろんトレーニングの内容にもよりますが、体を変えるには合う程度の期間は必要なはず。

最短どれくらいで割れるのもなのでしょうか。

参考記事:

 

 

腹筋が
割れるかどうかの
ポイントは
体脂肪率にある!

筋トレに励んで筋肉を増やすことも大切ですが、今どの時点にいるかは体脂肪率が大きく関係しているんです。

いくら筋肉があっても全体の脂肪が多ければ引き締まって見えません。

脂肪をなくしてこそ初めてあの筋肉のシェルエットが出るんです。

それがお腹に現れると憧れのシックスパックになるわけです。

お腹が割れて見える理想的な体脂肪率は男女によって異なります。

男性だと15%前後

 

女性だと17~19%

で引き締まったきれいなお腹になります。

 

体脂肪率がその値なのに割れていない人はそのまま筋トレメインに励みましょう。

まだその値に達していない人は筋トレだけでなく脂肪を落とすトレーニングも合わせる必要があります。

まずは自分の体脂肪率を把握して、腹筋を割るためまでにどれくらいの位置にいるか知るようにします。

参考記事:

 

今の体脂肪率から
理想の体脂肪率まで
どのくらいかかるの?

でももう少し具体的に見てみましょう。

まず男性の場合です。

【1】
男性の
体脂肪率18~22%
(標準的なお腹)

見た目はそこまで悪くありません。

ちょっと頑張れば割れそうな気がしますね。

 

【3】
男性の
体脂肪率23~24%
(油断が見られるお腹)

最近やばいんだよね~、そんな感じのお腹です。

腹筋を割るにはこの脂肪を取り除く必要があることが明らかですね。

 

【3】
男性の
体脂肪率25%以上
(ポッコリお腹)

本格的に食事制限が必要です。

この状態から始める場合は真剣に色んなメニューをしましょう。

参考記事:

 

次に女性の場合です。

【1】
女性の体脂肪率20~25%
(標準的なお腹)

これなら特に危機感を覚えないですよね。

腹筋を割りたい!と思う人は筋トレをするレベルです。

【2】
女性の体脂肪率26~29%
(油断が見られるお腹)

丸みを帯びていて女性らしい体型です。

ただし「鍛える」とは無縁の感じなので、始めるとなると最初はちょっときついかもしれません。

 

【3】
体脂肪率30%以上
(ポッコリお腹)

だいぶぽっちゃりしてきました。

ダイエットを意識して腹筋を割るトレーニングを始める感じですね。

さてこれらの体型から理想の体脂肪率まで下げましょう。

基本的に体脂肪率でいうと5%落とすのに3か月かけるのが理想的です。

あまりに急激に落とすのも体に良くないのです。

ただし元の体脂肪率が低い人ほど落ちる期間は早くなります。

その落ちやすさを加味すると、

【1】
男性の場合:体脂肪率18%~22%
女性の場合:体脂肪率20%~25%

→2か月

 

【2】
男性の場合:体脂肪率23%~24%
女性の場合:体脂肪率26%~29%

→3か月~半年

 

【3】
男性の場合:体脂肪率25%以上
女性の場合:体脂肪率30%以上

→半年~1年

を目安にしましょう。

これは理想に付くまでの期間です。

半年以上もかかるの?!と思うかもしれませんが、

効果は2~3か月から目に見えてきます。

効果が分かれば続ける励みになりますよね。

腹筋を割るまでの男女差ですが、

筋肉が付く期間に男女差はほとんどありません。

ただし脂肪に関していうと、男性は内臓脂肪、女性は皮下脂肪が付きやすい構造になっています。

脂肪が落ちるときは

内臓脂肪→皮下脂肪

の順で落ちるので女性の方が効果を感じられるのが遅いかもしれません。

でもそれは目に見えないだけで、ちゃんと脂肪は燃焼しているので頑張って続けましょう。

参考記事:

 

あわせて読みたい
こちらの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA