腹筋を簡単に割る&痩せる為におすすめのスクワットのやり方

腹筋を割りたいなら、筋トレは腹筋でしょ!

そう思いますよね。

実は腹筋を割るのにスクワットが効果的なんです。

なぜでしょうか?

人の腹筋はもともと割れています。

それが見えないのは周りに付いている脂肪のせい。

腹筋を鍛えても体脂肪も落ちなければ割れて見えないのです。

それでスクワットをすることで下腹部を鍛えつつも下腹の脂肪を落として、より割れているように見せることができるのです。

さらに体幹も鍛えられるので全体的に引き締まったボディにもなれます。

筋トレ初心者であればあるほどおすすめのスクワット。

でもどんなスクワットが腹筋を割るのに効果的なのでしょうか?

参考記事:

スクワットをするときの
注意点!

スクワットは痩せるにも腹筋を悪にも効果的なトレーニングですが注意すべき点があります。

【1】
膝を動かさないような
イメージで
スクワットをする

どんなスクワットをするにしても注意するべきなのが膝を傷めないようにすることです。

膝をつま先より前に出すようにしゃがむと膝に負担がかかります。

出典 http://start-diet.com/

こういう体勢はNGです。

また鍛えたい部分に効果がなくなってしまいます。

膝でしゃがむのではなく、太もも・ヒップを使うようにしゃがみましょう。

 

出典 https://imgcp.aacdn.jp/

前のめりにならないよう意識することが大切です。

おしりを突き出すようにしてしゃがみ込みます。

参考記事:

 

【2】
背筋を伸ばして
まっすぐにする

背中をまっすぐにして背筋に力を入れるようにして行いましょう。

そうすることで背筋も鍛えられます。

また腰への負担を減らすことができます。

参考記事:

 

【3】
お腹に力を入れながら行う

お腹には常に力を入れて行うことでさらに効果がUPします。

お腹に力を入れるには足の指でしっかりと床を踏みしめるようなイメージで立つようにします。

特に立ち上がるときに足裏全体で踏ん張ってしっかりとお腹に力を入れましょう。

この3つを意識しながら行うと腹筋への効果が上がります。

正しい姿勢でできているか

鏡の前で10~20回を1セットに練習してみましょう。

参考記事:

 

腹筋を割るための
スクワットのやり方

ではスクワットの基本を押さえたなら、さっそく腹筋を割るためのスクワットを始めましょう。

出典 MuscleWatching

少しハードになりますが「片足スクワット」が効果的です。

  1. 足を肩幅に開いたら両手は前に出します。
  2. 片足を少し前に出したかかとだけ床につけます。
  3. かかとを床から離したらゆっくりとスクワットをします。

これが結構きついんです。

つらいようなら足を後ろに出してやってみましょう。

ケンケンをしているような体勢ですね。

20~30回を1セットとして2~3セットしましょう。

1回のスクワットで腹筋100回分の効果があるともいわれています。

このスクワット自体にも腹筋を割る効果がありますし、そのあとに他の筋トレをしても脂肪の燃焼が良くなるという効果もあります。

まさにスクワットは腹筋を割るのに理想的ですね!

参考記事:

 

あわせて読みたい
こちらの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA